仁田陽翔の中学は【佐々木朗希】と同じ!将来はロッテ入り?

野球

2023年春のセンバツに出場している仙台育英の仁田陽翔の中学は佐々木朗希と同じだとSNSで話題になっています。

佐々木朗希選手がロッテに入団しているので、同じ東北出身としては仁田陽翔選手にも将来はロッテに入団して欲しいですね。

それでは仁田陽翔の中学について見ていきましょう。




仁田陽翔の中学は【佐々木朗希】と同じ!

仁田陽翔選手の中学は佐々木朗希選手と同じです。

それでだけではない共通点も多数あるので順番に見ていきましょう。

出身中学は佐々木朗希と同じ大船渡第一中学校

仁田陽翔投手は、現在千葉ロッテマリーンズにて活躍している佐々木朗希選手と同じ、大船渡第一中学校出身の学生選手です。

高校は仙台育英高校へと進学しますが、中学校については同じ中学を通じ投手というポジションで活躍をしています。

なお、佐々木朗希選手の弟さんと同じ中学生時代を送っていて佐々木朗希選手の弟さんと一緒になり野球をしており、同じチームで切磋琢磨した間柄になります。

佐々木朗希選手の弟さんとは別々の高校へ行くことになった仁田陽翔投手ですが、現在でも交友関係は続いているためたまに一緒に過ごすなどかなり佐々木朗希選手の弟さんと仲が良いことが知られています。

交流が続いていてお互いが夢をもって野球選手になることを誓ったわけですから、佐々木朗希選手の弟さんの活躍も注目です。

佐々木朗希は仁田陽翔の4つ上で憧れの存在

佐々木朗希選手は仁田陽翔投手からすれば4つ上で憧れの存在になり、仁田陽翔投手が武器としている物も実は同じです。

つまりストレートの速度を売りとしているというのが二人の共通点で投手であり現役の千葉ロッテマリーンズで活躍する佐々木朗希選手はヒーローであることがうかがえます。

野球選手に限らず、あこがれの人をリスペクトシテ自分の特技に生かせるというのは才能になり、才能を持っているからこそ同じ共通点を持つことができたというのが仁田陽翔投手の才能による賜物でしょう。

なお、仁田陽翔投手はかなりストレートの速度を上げるために努力したと言われていて、正しいフォームのほか、体力作りなどストイックに修練を積んだ逸話もあります。

仁田陽翔はクラブチームに所属せず大船渡第一中学校野球部で3年間プレー

仁田陽翔選手は実はクラブチームには所属せず大船渡第一中学校野球部で3年間プレーを貫き通しています

これは日本野球連盟のルールに従ってのことで中学生という義務教育を終えてからでないとクラブチームに入り大会に進む選手となることができないが故です。

また、大船渡第一中学校野球部には、佐々木朗希選手の弟さんも在籍しており、3年間を共に野球をプレイしていますのでクラブチームに入る必要性は実はなかったのではないかと推測します。

その後高校にいき野球部で活躍するという道を選んだ理由については、高校でも高い技術を学べるため、野球進学校に進んだのではないかと思われます。

高校は、野球で強豪と言える高校の場合、野球推薦のほか甲子園というプロ野球選手になるための舞台に上がるために訓練できる施設と見ることもできますので、高校へ進み野球を学ぶというのは合理的であるとも見て取れます。




仁田陽翔の将来は佐々木朗希と同じロッテ入り?

仁田陽翔の将来は佐々木朗希と同じロッテ入りするでしょうか。

ちょっと気が早いかもしれませんが、現時点で最速147キロでキレキレのスライダーが武器であるということは伸び代がありますよね。

今後プロでも十分通用できるレベルになれる素質はあると思います。

SNSでは佐々木朗希と同じ中学だから将来ロッテに入団して欲しいと話題に

仁田陽翔投手は、佐々木朗希選手と同じ中学校だから将来的に千葉ロッテに入団してほしいという意見がSNSでは話題になっています。

この点については、仁田陽翔さんが投手であるからという方向性で入団してほしいという意見があると推測します。

なぜなら、野球というゲームを決定的に作り上げる場合、相手に点数を上げないことが重要になり、相手に点数を上げないのであればどうすればよいかと考えた場合、優秀な投手を必要とするからです。

優秀な投手が組み込まれると千葉ロッテにとっては戦力アップになりますし点数を与えず、チームの打撃力を強化することを考えた場合、優秀な投手が欲しいというのは千葉ロッテを運営する運営者でなくとも考え付く理論だと言えます。

仁田陽翔と佐々木朗希の生い立ちが似ている

仁田陽翔投手と佐々木朗希選手の生い立ちが似ていると言われているのは、おそらくですが、震災が関係しています

佐々木朗希選手は9歳の時、東日本大震災にて父親を震災によって亡くしています。

一方の仁田陽翔投手も、5歳の時スーパーにて母とともに震災に会い被災していますので生い立ちが同じであると言えます。

なお、佐々木朗希選手は、父である功太さんに祖父母をなくしており、高台に逃げることで津波による影響を受けずに済みました。

震災を受けながらも母親の助力もあり野球をすることができたということで母に恩返しをしたいということから野球選手を希望したのです。

恐らくですが、仁田陽翔投手と佐々木朗希選手の考えについては母親に対しての恩返しという形で野球選手になるという夢を追い変えていると多くの野球ファンの方は見ています。

5才の時に東日本大震災で被災

仁田陽翔投手は5歳という年齢で東日本大震災に会い、母とともにスーパーで被災します。

なお、お父さんに関する情報について情報が一切ないので、お父さんは現在どうしているかについて不明です。

一方、あこがれの選手佐々木朗希さんも9歳の時東日本大震災にて被災し、母親と高台に逃げることで震災から逃れましたがお父さんと祖父母については震災の影響によって帰らぬ人となっています。

そんな共通点があるからこそ、佐々木朗希選手の弟と知り合い、中学時代においてはお互い切磋琢磨し、二人は別々の高校へと進学するに至ったのだと予想します。

お互いが別の場所に行くというのはスポーツ漫画のようなライバル関係を構築するというようにも見えます。

同じ場所で活躍をするより別々の道を歩むというのはドラマのようで素敵ですよね。




仁田陽翔の中学についてまとめ

仁田陽翔投手は、大船渡第一中学校出身の学生選手で、佐々木朗希選手と同じ中学校出身でかつ佐々木朗希選手の弟さんとも同じ学校で野球の修練をしていました。

その後佐々木朗希選手の弟さんとは、別々の高校に進み、ドラマのように別々の高校で活躍し現在に至るという形で、多くの野球ファンの方は、千葉ロッテマリーンズへの入団を希望しているようです。

スポンサーリンク
野球
てにんちゅブログ
タイトルとURLをコピーしました