テニス初心者が3ヶ月でシングルスの試合に勝つ3つの方法

   

 

どうも てにんちゅです

 

今回はテニス初心者が3ヶ月で1勝するための方法を3つ紹介します

 

この記事を読んで欲しい方
・初級の試合に勝ちたい。

・試合に勝つための練習方法を教えて欲しい。

・短期間で勝てるようになりたい。

 

この記事を読むと、テニス全くの初心者が初級の大会で勝つための練習方法がわかります。

 


全くの初心者の場合、しっかり練習すれば3ヶ月で1勝は可能です。

 

実績

元2桁の日本ランカーで、テニス歴21年、コーチ歴13年の現役テニスコーチです   現在はジュニア、大人の方の初心者〜試合に出る上級者まで幅広くレッスンしています。


僕が過去に教えた初心者の方で最短で3ヶ月で初級の大会で1勝させてあげることが出来たので、記事に対する信頼はあると思います。

 

本記事の内容
1:試合で勝つための練習方法3つ
 ①ストローク連続100球ラリー
 ②チャンスボール連続100球打ち
 ③セカンドサーブ連続100球打ち

2:試合で勝つために必要な練習時間

3:まとめ

 

1:試合で勝つための練習方法3つ

 

①ストローク連続100球ラリー

 

100回連続ノーミスで相手とラリーをしましょう。

50往復でOKです。


『2バウンド』や『ネット』にかかってしまったら0に戻ります。

 

例え相手のボールがアウトでもそれを返球できればOKなので、とにかく相手コートにどんな形でも構いませんから返しましょう。

 


果てしないように感じますが、ノーミスでしたら3分~5分程度で終わります。
3分~5分って聞くと『あれ?結構簡単?』と思うかもしれませんが、意外ときついです。


80越えたあたりからミスしたくないという気持ちが強くなります。そう思った瞬間、リキみから浅くなってしまったり、凡ミスしたりしてしまいます。

 


つまりこの練習はメンタルトレーニングにもなります。


テニスはメンタルスポーツですから、100球ラリーでコントロールする練習をしつつ、同時にメンタルも鍛えます。


この練習は一石二鳥です。

まずは100球ラリーができるようになること。

 

そこから少しづつ負荷をかけていきます。

 


①アウトしたら0に戻る

②サービスボックスに入ったら0に戻る

 

②チャンスボール連続100球打ち

 

サービスライン(真ん中のライン)くらいに球出しをしてもらって、それを全力で打ち込みます。


球出しをする人はベースライン(一番後ろのライン)から出してください。
難しければ、デッドゾーンくらいからでも大丈夫です。
※デッドゾーンとは、サービスラインとベースラインの間のエリアのこと。


球出しもコントロールの練習になりますよ。

 


チャンスボールは決めなければいけないショットですが、実は試合でこれを決めるのはかなり難しいです。

 

理由は技術以外にメンタルも絡んでくるからです。

 

なので、練習ではフルスイングして入る確率を上げられるように仕上げましょう。

 

割合としては8割以上入るように出来れば試合でも使えるはずです。

 


ちなみに僕はこの間やったら100球中95球入りました。



足がかなりきつかったですね。

 


そしてこの練習はメンタルはもちろん、体力、足腰も強くなりますよ。

 

③セカンドサーブ連続20本×5セット

 

初心者の場合絶対に避けたいのはダブルフォルトです。

 

セカンドサーブはゆるゆるでもいいので入るサーブを練習しておきましょう。

 

練習する相手がいるときはお互いにサーブを打ちリターンの打ち込みの練習も一緒にやりましょう。

 


目標は20本連続でサーブを入れること。

 


何もせずに相手にポイントをあげるのはもったいないです。

 

3:まとめ 練習の内容は絞るべき

 

目的にもよりますが、あくまで初級の大会で1勝することが目的であるならば、この練習方法で勝てるようになります。

 

ボレーに関しては初級のシングルスではあまり必要ありません。

 

 

というか、そこまでラリーが繋がらないのと、展開も単純な展開が多いので、とにかく後ろでストロークをミスしない技術をつけたほうが勝ちやすくなります。

 

 

 試合で勝つための練習メニューまとめ

①ストローク連続100球ラリー
②チャンスボール打ち込み
③セカンドサーブ連続20球

 

この3つのメニューをひたすら練習してください。

 

3ヶ月間ひたすら練習すれば初級の試合では確実に1勝できます。

 

ストロークにおすすめ!ヨネックスのテニスラケット4選を日本ランカーが解説

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です