ゲルレゾリューション8レビュー!筆者が感じた2週間の壁

 

どうも てにんちゅです

 

今回はアシックスのテニスシューズ『ゲルレゾリューション8』のレビューをご紹介します。

 

ゲルレゾリューション8を買おうか迷っているけど、買う前にレビューが知りたいです。
あまり評判良くないけど実際どうなの?

 

 

このような疑問にお答えします。

 

 

この記事を読むとゲルレゾリューション8がどのようなシューズなのかがわかります。
筆者が感じたままを良くも悪くも正直に書いていきますので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

 

実績

この記事の筆者は日本ランキング元2桁。テニス歴21年、コーチ歴13年、雇われテニスコーチからフリーランスとして現在テニスの普及活動を行っています。

もうかれこれ10年くらいアシックスのテニスシューズにはお世話になっています。

 

本記事の内容
1:ゲルレゾリューション8の特徴
2:ゲルレゾリューション8のリアルなレビュー
3:ゲルレゾリューション8を使った他の利用者の口コミ
4:使って分かったゲルレゾリューション8のメリット
5:使って分かったゲルレゾリューション8のデメリット
6:ゲルレゾリューション8がおすすめな人
7:ゲルレゾリューション8を買わない方が良い人
8:まとめ:ゲルレゾリューション8の良さ

 

1:ゲルレゾリューション8の特徴

 

クッション性が高くて、疲れにくくて、かつ軽くて反発力があるシューズ。

 

これだけ聞くと最強のシューズですよねw

 

本来なら、クッション性と反発性は共存できません。

 

理由は、クッション性を高めるとどうしてもシューズの重さが出てしまい、シューズが重くなると軽くて反発のあるシューズにならないからです。

 

なので、ユーザーは多少重くても足に優しいクッション性のモデルを重視するか、少し足に負担はかかるけど、軽くて反発のあるモデルのどちらにするか悩むわけです。

 

今回のゲルレゾリューション8はそんなユーザーの悩みを解決したモデルとなっています。

 

そしてそれを可能にしたのが、『ダイナウォール』という軽くてクッション性に優れた樹脂パーツらしいです。

長年の研究でアシックスが開発した新素材みたい。そのあたり詳しくは分かりませんが

 

実際どうなのか検証してみます

 

2:ゲルレゾリューション8のリアルなレビュー

 

シューズを履き始めてからの経過観察

シューズを履いた初日 痛すぎて15分で元のシューズに履き直すw

シューズを履いて1週間 
まだくるぶし付近の違和感と痛みは若干あります。まだシューズの硬さを感じますね。

シューズを履いて2週間 少し違和感はありますが、ほぼ痛みは感じなくなりました。

シューズを履いて3週間 痛みは全く感じず、フィットしました。

※レッスンや練習で週4,5日 1日平均4〜6時間使用しました。当然個人差はあります。あくまで一個人としての感想です。

最初の1週間は違和感だらけでしたが、2週間経てばかなり快適になりました。

 

 筆者が感じた2週間の壁

他の口コミでもあるように ”合う人、合わない人” 賛否あります。

筆者が思うに、最初のインスピレーションで合わないと思った方は履き続ける前に履くことをやめてしまいます。

逆に履き続けた人はシューズがだんだんと馴染んでくるので良くなっていく。と言った感じ。

そして、ゲルレゾリューション7からゲルレゾリューション8へ変えようと思った方ほど合わないと言っている方が多いと感じます。

別メーカーから、ゲルレゾリューション8へ変えた方はほぼ違和感なく履き続けているように思いました。

僕は最近で言うと『ゲルレゾリューション7』『フュージョンレブ4』を履いていましたが、それら比較すると2、3週間履いた結果、ゲルレゾリューション8が総合的に一番良いと感じました。


結論

 

従来のしっかりしたクッション性を維持しつつ、シューズの軽さがあるので、履いてみた第一印象としてはフカフカした物の上に乗っているような感覚でした。

まじで軽いw

足を何かに保護されているような感覚でしたね

 

ただ、

 

足の形もあるかもしれませんが、くるぶし付近の最後の靴紐をしっかりと締めた時は少し窮屈で痛みを感じました
※最初の1週間

 

 

他の記事でも言われている、中足骨のあたりの締めつけによる痛みについては最初は違和感はありましたが、僕の場合は痛みを感じることはありませんでした。

 

 

なんせくるぶし付近が痛すぎて初日は全力で動くことができないといった感じです。

 

 

それでもそれを抜きにしても足の疲労は少なかったです。

 

 

特に横の動きから縦の動きだったり、縦の動きから横の動きへの反応がしやすく、動きやすかったので色々な方向への対応が楽に感じました。(馴染めばもっと良く感じるはず)

 

 

ゲルレゾリューション7から8はフルモデルチェンジなので、7を履いていた人には人気がないようなんですが、それを自分なりに分析してみると、履いた時の窮屈感と足に当たって痛いと感じるストレスを試し履きの段階で感じるからなんだと思います。

 

 

これは個人的な意見ですが、シューズを履いた時の痛みは履いていくうちに馴染んで段々と緩和されていくので、多少の痛みくらいなら全然アリなのかなと思います。

 

 

逆に履いた時に全く痛みを感じないシューズに今まで出会ったことがないので、総合的に考えるとクッション性があり軽い今回のモデルはかなり良かったです。

 

 

見た目もですが、履いてみるとよりシューズの厚さがわかると思います。その厚さが合わなくて、もう少し足と地面とのフィット感が欲しいという方も中にはいるかもしれません。

 

 

 

3:ゲルレゾリューション8を使った他の利用者の口コミ

 

良い口コミ

・左右に走らされたときの安定感がある

・砂入り人工芝でもしっかり走れる

・フォアクロスの打ち合いでも負けにくい

疲れにくい

・カカトから爪先まで円形状のイボイボがたくさんついている

ホールド感がある

 

 

悪い口コミ

・紐が短い

・爪先立ちした時に折れ曲がる部分が若干硬い

・少しサイズがタイト

 

 

これらの悪い口コミ、実際に筆者も感じていたことですが、足にシューズが馴染めば解決しました

 

 

理由は単純で買った直後のシューズは硬いし、自分の足にフィットしていないので、シューズの紐を引っ張る時もシューズが硬いのでちゃんと引っ張れないです。

 

それが、紐が短いと言われているっぽい。

 

何回か履いて、紐も締めたり緩めたりしていく中でシューズの硬さもだんだんと取れてくるので、結果的に紐の短さというのは感じなくなりますよ。

 

4:使って分かったゲルレゾリューション8のメリット

 

メリット

・左右走らされたときの安定感はさすがという感じ

・これに慣れてしまうと、他のシューズは履けないんじゃないかと思ってしまう

長時間のプレーでも疲れにくい

・今回のモデルから、新技術が搭載され、ホールド感+軽くなり、より瞬発力が発揮できる

・よりクッション性がアップしているように感じるので、ジャンプして着地しても足へのダメージが少ない

 

 

5:使って分かったゲルレゾリューション8のデメリット

 

デメリット

・足に馴染むまで少し足の甲や、小指にシューズが当たります → 馴染めば解決するかも

・付属のシューズ紐だと少し短い → 長めのシューズ紐を別途購入して対応しました

 

最初履いたときの痛みがあるってことくらい。

 

 

需要かもしれませんが、このシューズが当たる痛みは馴染めば緩和すると踏んでいます。

 

 

ゲルレゾリューション7のときの履いたときのスムーズな感じを知っている方は試し履きの段階で嫌になってしまうかなと。

 

6:ゲルレゾリューション8がおすすめな人

 

おすすめな人

・足の疲れが気になる方

・瞬発力を上げたい方

・動き出しを素早くしたい方

・足への負担を減らしたい方

・長時間の練習・試合をする方

 

7:ゲルレゾリューション8を買わない方が良い人

 

買わない方が良い人

・シューズが足に当たるのが気になる方

 

痛くなったら我慢せず古いシューズと交互に履いて緩和させるといいかも。

 

でも普通にテニスを楽しみたい方はそこまで我慢する必要もないかなと。

 


8:まとめ:ゲルレゾリューション8の良さ

 

やはりなんと言ってもホールド感かなと思います。

 

あとは、クッション性が前作に比べてだいぶ上がったので足が本当に疲れにくくなりました。

 

自分の足に馴染むまでに時間がかかると思いますので、1ヶ月くらい長い目で見てもらえるといいかも

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です