テニスでストロークを【上達】させる方法5ステップで日本ランカーが解説

どうも てにんちゅです

 

今回はストロークを上達させる方法を5ステップで解説していきます。

 

この記事を読んで欲しい方

・ストロークが上達したいと思っている方

・今後試合に出てガンガンストロークを打ちたいと思っている方

 

 

このような方のために記事を書きました

 

この記事で分かる事

・ストロークの上達方法を5ステップでわかりやすく解説しています

 

 

実績
元2桁の日本ランカーで、テニス歴21年、コーチ歴13年の現役テニスコーチです

現在はジュニア、大人の方の初心者〜試合に出る上級者まで幅広くレッスンしています。

 

自分がこれまでに経験してたことを基に解説していきますので、参考になると嬉しいです。

 

本記事の内容

どんな時に上達をしたと感じるか

ステップ1:目標を持つ

ステップ2:腰の辺りでボールをとらえるようにしよう

ステップ3:少ない力でボールにパワーが伝わるようにする

ステップ4:プロを真似する

ステップ5:下半身に意識を持っていく

まとめ 上達に必要なこと

 

どんな時に上達をしたと感じるか

・ラリーが繋がるようになったとき
・速いボールが打てるようになったとき
・ボールに回転がかけられるようになったとき
・自由自在にボールをコントロールできたとき

色々あると思いますが、大事なのは自分がどうなりたいかですね。そこがはっきりしないとただ練習するだけになってしまい上達できません。必ずゴール(目標)を決めて取り組みましょう。

 

1:目標を持つ

なりたい自分、『こうなりたい』『こういうボールが打ちたい』という目標をまずは決めましょう。

 

目標がなくて、単純に上達したいと思ってもなかなか上達することはできません。

 

 

まずは『ゴール(こうなりたい自分)』を決めて、そこから逆算して小さい目標を設定していきます。この小さい目標というのはクリアできそうな小さな目標で大丈夫です。

 

 

それがクリアできたらまた小さな目標を設定していきます。

 

具体例

目標(ゴール)速いボールが打てるようになりたい → (ゴール設定)

スイングスピードを上げる → (小さい目標)

スイングスピードを上げてもしっかり芯をとらえて打つ → (小さい目標)

ひたすら手出しで練習 → (練習メニュー)

このように、具体的にゴール設定と小さい目標と練習メニューまで組んでおくと時間が無駄にならず、少ない時間で上達することができます。

 

ただ練習するだけでは上達しにくいので是非目標を持って練習に取り組んでください。

 

2:腰の辺りでボールをとらえるようにしよう

打点がバラバラだとちゃんと面に当てるのが難しくなり、安定したストロークが打てないので、打つ場所というのはなるべく一定にできるようにタイミングを合わせていきましょう。

 

手出しの練習である程度腰の辺りで打てるようならひたすら遠くから出てきたボールを打つようにしましょう。

 

この時に意識するのは、『飛んできたボールに合わせる』ということ。

 

自分の打ちたいように、振りたいように打っても上手くいかないことがほとんどなので、まずは合わせるということを意識してみてください。

 

3:少ない力でボールにパワーが伝わるようにする

 

ポイントは『脱力』するということ。

 

ここで勘違いしてはいけないのは、抜きすぎてしまうと逆に負けてしまうので、ある程度ラケットを握ります。

 

ただ、『ギュッ』と握ってしまうと、腕の力ばかり入ってしまい、スイングスピードが遅くなってしまうので、結果的に良いボールにはなりません。

 

イメージとしては『ヒヨコ』を握るようにグリップを握ってください。
なんとなくイメージできましたか?

 

4:プロを真似する

僕はよくプロの試合を観てフットワークを真似していましたが、タイミングの取り方や軸足のため方などはとても勉強になりますよ。

 

もちろん打ち方を真似するのもアリですが、ボールに合わせるということは忘れないようにしてください。

 

打ち方だけ真似ても合わないと上手くいかないので。

 

5:下半身に意識を持っていく

 

どうしても腕ばかりに意識がいってしまうと力む原因になります。そこで、力が入りすぎてしまう方は『下半身』に意識を持っていってみてください。

 

そうすると、足でタイミングを取れるようになるのと、足に意識がいくので、腕の力が抜けやすくなります。

 

 

結果、脱力してスムーズなスイングが手に入ります。

 

ただ、これは言葉で言うのは簡単ですが意外と難しいので、何度も何度も反復練習して自分の物にしてくださいね。

 

まとめ:上達するためには目標を持とう

まずは自分がどうなりたいのか、目標設定しましょう

・ラリーが繋がるようになったとき
・速いボールが打てるようになったとき
・ボールに回転がかけられるようになったとき
・自由自在にボールをコントロールできたとき

 

ステップ1:ストロークを上達するためには目標をもつ
ステップ2:打点は腰の辺りで毎回取ろう
ステップ3:少ない力でボールにパワーを伝えよう → 脱力のポイントは『ヒヨコ』を握るようなイメージ
ステップ4:プロの選手の真似をしよう
ステップ5:下半身に意識を持っていくと脱力しやすくなります

 

上達のヒントになれば嬉しいです。

ストロークにおすすめ!ヨネックスのテニスラケット4選を日本ランカーが解説

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です