テニスでストロークの【スピード】を速くする方法2つのコツを日本ランカーが解説

 

どうもてにんちゅです。

今回はストロークで【スピード】が出せない方、打ち方がわからない方に向けて、簡単にスピードのあるボールを打てる方法を解説します。

 

この記事を読んで欲しい方

・スピードのあるボールを打ちたい方、打ち方がわからない方

 

 

このような方のために記事を書きました

 

この記事で分かる事

・スピードのあるボールを打つ方法がわかる

 

 

実績

元2桁の日本ランカーで、テニス歴21年、コーチ歴13年の現役テニスコーチです

現在はジュニア、大人の方の初心者〜試合に出る上級者まで幅広くレッスンしています。

 

『スイングスピードを上げなきゃいけない』

 

とか

 

『スピードを上げる技術を上げなきゃいけない』

 

では無いので、誰でもスピードを上げることが可能です。

 

結論

タイミングを少し早くするだけで簡単にスピードが上がります。

 

どういうことかこの後詳しく深掘りします

 

本記事の内容

1:ボールがバウンドした頂点で打つ

2:バウンドしたボールを頂点で打つコツ

3:まとめ バリエーションが増える

 

1:ボールがバウンドした頂点で打つ

 

ポイント

 

相手の打ったボールが自分のコートにバウンドしてボールが上がりきった所を打つこと。

 

こうすることにより、相手のボールの勢いを利用することができて、簡単にボールのスピードを上げることができます。

 

普段バウンドしてから落ちてくる所を打っている方は、自分の力でボールを飛ばさないといけないので、タイミングは取りやすいのですが、なかなかそこから効率よくボールにパワーを伝えることが難しく、結果としてスピードが出しづらくなります。

 

そして、相手のタイミングもずらすことが可能になります。

 

注意点

 

『スイングスピードを速くしなきゃ』

とか、

『ボールのスピードを上げなきゃ』

 

とは考えなくてOK

 

力みの原因になり、逆にボールの速度は遅くなる場合もあります。

 

ここで大事なのはタイミングになるので、スイングスピードや力の加減というのは、普段通り同じでいいんです。

 

ボールがバウンドして上がってきた頂点を打つので、相手のボールが生きてますから、そこまで力を使わずにスピードボールを打つことが可能です。

 

疑問

『でも実際にライジングっぽくなるから、結構難しい技術なんじゃないですか?』

 

そう思う方もいると思いますので、コツをお伝えします。

 

2:バウンドしたボールを頂点で打つコツ

 

大事なのは『タメ』のタイミングになります。

 

バウンドして落ちてきた所を打っている方というのは、ボールがバウンドして、頂点に上がった時に『タメ』がはいると思います。

 

 ポイント

 

バウンドした時に『タメ』を入れる(足を決める)ということがポイントになります。

 

スピードを上げるためにはこのためるタイミングが重要

 

相手のボールが自分のコートにバウンドしたタイミングが『タメ』になるので、いつものタイミングより少し早く打点に入る必要があります。

 

上がりきった所が打点になりますので、上がりきる直前にスイングをスタートさせてください。

 

※スイングスピードによっては振りだすタイミング、スピードは変わりますので、まず振ってみてから、そのあと微調整していくようにしましょう。

 

3:まとめ バリエーションが増える

 

ストロークでスピードを出すためには、『打つタイミング』『ためるタイミング』が非常に重要です。

 

ボールが自分のコートにバウンドして頂点で打つためには、素早く打点に入る必要があります。

 

そして、ボールが自分のコートにバウンドしたときに、足の『タメ』と『テイクバック』が同時になるように心がけてください。

 

スイングスピードを変えなくても、スピードボールを打つことが可能になります。

ストロークにおすすめ!ヨネックスのテニスラケット4選を日本ランカーが解説

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です