ストロークの【スピン】4種類を日本ランカーが解説

 

どうも てにんちゅです

 

今回はストロークでの【スピン】の種類について解説します。

 

『え?ストロークにスピンの種類なんてあるの?』

という方は最後まで読んでみてください。』

 

この記事で分かる事

・ストロークのスピンの種類がわかる

 

 

実績

元2桁の日本ランカーで、テニス歴21年、コーチ歴13年の現役テニスコーチです

現在はジュニア、大人の方の初心者〜試合に出る上級者まで幅広くレッスンしています。

 

本記事の内容

1:スピン

2:トップスピン

3:フラットスピン

4:サイドスピン

 

1:スピン

 

少しでもボールに縦回転がかかっていればそれは『スピン』になります。

基本ラケットを下から出せばこの縦回転はかかるので、比較的簡単に習得が可能です。

 

ただし、回転をかけるためには厚いグリップの方がかけやすいです。

『セミウェスタングリップ』

『ウェスタングリップ』

 

この2種類のグリップだと『ラケットヘッドが落としやすくなる』ので、厚い当たりでボールをとらえることが可能になり、自然と回転がかけやすくなります。

 

 

薄いグリップでも回転をかけることは可能

もちろん『イースタングリップ』『コンチネンタルグリップ』でも回転をかけることは可能ですが、薄い当たりになりやすいので、威力が出しづらくなります。

 

なので、スピンをかけるなら

 

『セミウェスタングリップ』
『ウェスタングリップ』

 

がおすすめの握り方になります。

 

2:トップスピン

 

スピンよりもさらに回転がかかっている『スピンボール』のことを『トップスピン』と言います。

 

このショットを打つには、『スイングスピード』と『タイミング』がとても大事になってきます。

 

厚い当たりで下から『ゴリッ』とこすりあげるショットです。

 

打点が高い方がより打ちやすいです。

 

フラットスピン

 

『フラット』と『スピン』が混ざったショットで、フラットよりは安定感があり、ただのスピンよりスピードが速く重いボールになります。

 

打点に関しては『肩から上』の打点になり高いところから打っていくショットになります。

 

このショットは『セミウェスタングリップ』だと非常に打ちやすく、『ウェスタングリップ』だと回転がかかりすぎてしまう印象。

 

より攻撃的なショットで相手を左右に振りたいときに使えます。

 

スイングはほぼ地面と平行で、打点に対して『やや下から』のスイングとなります。

 

サイドスピン

 

ボールの斜め後ろを捉え、よりサイドに逃げていくショットになります。

 

相手をコートの外に追い出すショットになるので、ゲームで特に有効なショットになります

 

サイドスピンには2種類ある

※両方とも右利きフォアハンドです

1種類目 フォロースルーを頭の上でフィニッシュする純クロス

 

純クロスに打つときはナダル選手のように『フォロースルーを頭の上』にフィニッシュするとより外側に切れていきます。

 

2種類目 ガットの横糸を使い逆クロスへ打つ

 

逆クロスに打つときは『ラットショット』とも言いますが、ガットの横糸を使ってスイングするようにすると、シュート回転がかかり横に切れていくショットになります。

 

まとめ スピンを使い分けよう

 

大きく分けて4種類のスピンショットを紹介しましたが、スピンショットを打つ上でまず大事なのが、グリップの握り方です。

ここを間違えてしまうと、そもそもうまく回転がかからなかったり、ショットの威力が半減します。

 

ストロークにおすすめ!ヨネックスのテニスラケット4選を日本ランカーが解説

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です