小学生のテニス初心者のラケットを選ぶポイントを日本ランカーが解説

小学生の子供がこれからテニスを始めるにあたりラケットを購入しようと思っているけど、何を選んだらいいかわからない。
既に購入してしまったけど、実際に子供に合ってるのかどうかわからない。

 

このような疑問を解決します。

 

これからテニスを始められる初心者のお子さんや、既にテニスを始めているお子さんに適切なラケットの大きさがどれぐらいなのか。どのような大きさのラケットを選んだらいいのかがわかります。

 

実績

 

この記事の筆者は日本ランキング元96位。テニス歴21年、コーチ歴13年、フリーランスとして現在テニスの普及活動を行っています。

 

地元のテニス連盟からジュニアのレッスンを依頼され、通年で土日のジュニアを毎年100名前後教えています。

 

(※テニス連盟の教室は1年で終了。次年度はまた新たに募集された初心者のジュニアを1年間教えます。)

 

本記事の内容
1:公式サイトやスポーツ量販店での基準

2:公式サイトやスポーツ量販店では比較的小さめのモデルが薦められているケースが多い

3:筆者の経験上での基準

4:小学生の初心者におすすめラケット紹介

5:まとめ

 

1:公式サイトやスポーツ量販店での基準

年齢、体の大きさでの基準

 

26インチのラケット カーボン素材
年齢:7~11才 身長:125~145センチ

 

25インチのラケット カーボン素材
年齢:6~9才 身長:115~135センチ

 

23インチのラケット アルミニウム素材
年齢:4~7才 身長:105~125センチ

 

21インチのラケット アルミニウム素材
年齢:3~6才 身長:95~115センチ

 

19インチのラケット アルミニウム素材
年齢:2~5才 身長:85~105センチ

 

使うボールでの基準がこちら

 

レッドボール  19~23インチのラケット

オレンジボール 23~26インチのラケット

グリーンボール 25・26インチのラケット

イエローボール 27インチ大人用のラケット

 

以上が公式サイトやスポーツ量販店でのラケットを選ぶ基準です。

 

2:公式サイトやスポーツ量販店では比較的小さめのモデルが薦められているケースが多い

 

毎年4月になると応募をして当選した子供たちが、地元のテニス連盟の教室のレッスンに訪れます。

 

1クラス定員が18名と決まっており、ほとんどが初心者です。

 

もちろん初心者なので、初回の練習までにラケットやテニスシューズを揃えてレッスンに参加するのですが、その用意してくるラケットがその子に合っていないケースが多く、毎年困惑します。

 

中にはご両親が経験者でテニスに詳しく、ちゃんと子供に合ったラケットを用意してくるご家庭もいるのですが、ほとんどのご家庭はテニス未経験者なので、子供に合ってないラケットを用意してきてしまいます。

 

その時につくづく思うのが道具はちゃんと合ってるものを身に付けないと上達のスピードが遅れてしまう。ということです。

 

そして、その合っていないラケットを持参してくる子供の特徴として一回り小さいラケットを用意してくるケースが多いです。

 

毎回、各親御さんたちにこのような質問をすると、大抵こう答えが返ってきます。

 

筆者:『なぜそのラケットを選んだんですか?』

 

親御さん:『お店の定員さんにおすすめと言われました。』

 

やはり公式サイトやスポーツ量販店の基準が小さめなのかなと思います。

 

その理由を筆者なりに分析してまとめてみました。

 

①大きいラケットのせいで腕などを痛めた。というクレームの回避

 

一番はクレームの回避ですね。

 

お店的には大きいラケットを薦めて万が一肘や腕を痛めたとクレームが入った場合、責任を取れません。

 

またその後も対応しなければならないというリスクを考えると、大きめのラケットはあまりおすすめしないのかなと思います。

 

テニスショップの場合は軽くて小さいラケットをおすすめしておけば無難ということですね。

 

②3ヶ月~半年の短いスパンでの買い換え。

 

子供の成長って早いので、3ヶ月~半年もするとまぁまぁ打てるようになるんですよね。

 

今年はコロナの影響で6月からスタートになりましたが、5ヶ月間で初心者だった子達も打てるようになってきてます。

 

そうなると小さいラケットだと物足りないので、やっぱり小さいから大きめのラケットを新たに購入しよう。という結論になります。

 

小さいラケットを推奨している理由は主にこの2つがあげられます。

 

3:筆者の経験上での基準

 

約5年間ジュニアのレッスンを任されていますが、道具が原因で上達できないジュニアをたくさん見てきました。

 

子供たちには本当に合ったテニスラケットを使って欲しいです。

 

では筆者の経験上での基準を紹介していきます。※あくまで小学生の初心者です。

 

①小学1年生 23インチor25インチ

②小学2年生 25インチor26インチ

③小学3・4年生 26インチor大人用の一番軽いモデル

④小学5・6年生 大人用の一番軽いモデルorライトモデル

 

結論小学生に上がったのであれば25インチ以上をおすすめします。

 

身長に関しては経験上そこまで関係ないです。

 

小学1年生でギリ23インチという感じですが、すぐに25インチが必要になると思うので、そのように頭の片隅に置いといてください。

 

ラケット重さの目安

 

23インチ 210グラム

25インチ 240グラム

26インチ 250グラム

大人用の一番軽いモデル 250グラム

大人用のライトモデル 270グラム

 

小学2年生になれば25インチ以上に必ず変更しましょう。

 

小学1年生で23インチを使う場合があるかなという感じです。

 

4:小学生の初心者におすすめラケット紹介

①ヨネックス

 

25インチ イーゾーン25 240グラム

 

 

26インチ イーゾーン26 250グラム

 

 

イーゾーンフィール 250グラム

 

 

②ウィルソン

 

25インチ ウルトラ25

 

 

26インチ ウルトラ26

 

 

5:まとめ:本当にお子さんに合うラケットを選びましょう

 

子供に合わない軽すぎるラケットを使わせていても上達できません。

 

子供に合ったラケットを使わせてあげることが、上達させてあげる上で大切です。

 

なので、軽すぎるラケットは選ばないようにしましょう。

 

以上です。

 

26インチのおすすめラケット記事はこちら

【26インチのおすすめテニスラケット6選】日本ランカーが解説

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です