【体験談】テニス紐付きボールで上達!使い方には注意

 

 

テニス初心者で紐付きボールを買おうか迷っている
1人で練習する時に使おうと思ってますが、どう思いますか?
紐付きボールの練習で上手になれますか?
実際紐付きボールで練習ってどうなの?
おすすめの練習方法ありますか?


このような疑問に答えます。

この記事を読むと
紐付きボールで練習すると上手になれるのか。初心者の練習として実際に紐付きボールは買うべきか。
その判断ができます。
また、紐付きボールを使ったおすすめの練習方法もわかります。

この記事の筆者は日本ランキング元2桁。テニス歴20年、コーチ歴12年、フリーランスとして現在テニスの普及活動を行っています。
実際に筆者も紐付きボールを購入し、練習した経験があるので
記事に対する信頼はあると思います。


結論:使い方次第で上達できます。特に紐付きボールは壁打ちで力を発揮します。

どういうことなのか、この理由をこれから解説していきます。

 

 

本記事の内容
1:紐付きボールでの練習のメリットデメリット
2:初心者におすすめ!紐付きボールおすすめの練習方法
3:テニス初心者で紐付きボールを買うべき?
4:まとめ

1:紐付きボールでの練習のメリットデメリット

メリット

・ボールを打つ感覚が掴める
・1人練習が可能
・コートがなくても公園などで練習ができる

コートが取れなくて練習が出来ないけど、打球する感覚だけでも掴みたい。というときはうってつけです。
そしてなにより1人で練習が出来るというところがポイントですね。
周りを気にせず練習が可能です。

デメリット

・コートに戻ったときにアウト連発になることがある
・間違ってやってしまうと逆に下手になってしまうことがある

筆者も経験ありますが、紐付きボールを連続で打球するためには少しアウト目に打たないと連続で打球できません。
低く打つと低く返ってくるので、繋がらないです。
これに慣れてしまうとコートに戻ったときにアウト連発になりやすくなってしまいます。
ちゃんと意識して練習しないと逆に下手になってしまうことも。。。

2:初心者におすすめ!紐付きボールおすすめの練習方法

初心者が紐付きボールを使用するおすすめの練習方法は

壁打ちで使用する

です。

壁打ちの場合、自分の打球した軌道がすぐわかります。
それが高かったのか、低かったのか。
成功と失敗がわかりやすいので、紐付きボールを購入したらすぐに壁打ちで使用してください。

壁打ちで飛ばす高さのイメージがついてから紐付きボールだけで練習するようにしましょう。

そしてまた高さがわからなくなってしまったら壁打ちに戻り、高さを確認。

これを繰り返しやっていくと感覚が掴めてきて、コートに戻ったときにも紐付きボールでの練習の成果が発揮できます。

また初心者だと色々な所にボールがいってしまったり、ボールを無くしたりすることも多いと思いますが、紐付きボールはボールを無くす心配がないので壁打ちには最適です。

なので、紐付きボールで練習するときはまずは壁打ちで練習することをおすすめします。

3:テニス初心者で紐付きボールを買うべき?

紐付きボールでの練習は意識次第で上手になれるので、初心者の場合買うことをおすすめします。

『でも、紐付きだと打ったショットが入ったのかわかりにくいしな。。』

そんな時は壁打ちで紐付きボールを使いましょう。
壁だったら自分のボールの軌道もわかるし、例えアウトにしても紐がついてるので、ボールが無くならないです。

『近くに壁がない場合どうしたらいいですか?』

その場合は連続で打たないで一球一球ボールの軌道を意識しながら打つことを最初はおすすめします。

結果、1人練習が可能な紐付きボールは買っておいて損はないですよ。

4:まとめ

いかがでしたか?

紐付きボールでの練習は意識次第で上手になれます。
①紐付きボールを購入したらまずは壁打ちで使用しましょう。
②そして打つ高さがイメージできたら、そのイメージ通りに壁なしで打ってみましょう。

①と②を繰り返し反復して練習することで、感覚が掴めてきますよ。

紐付きボールだけで連続して打つと、特に初心者の方はアウトボールを打つ練習になってしまうので、注意が必要です。

近くに壁がなくて、紐付きボールだけで練習をするときは連続して打つことはやめて、一球一球軌道を確認しながら打つようにしましょう。

コートがなくても公園や壁打ちで練習ができる紐付きボールおすすめです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です